1. 2022年
  2. 「プロダクト愛を持つと『こうしたらいいんじゃないか?』とアイデアが出てきてQA活動が向上していく」株式会社PR TIMES 山田 和広氏|Qbook

新着情報

News

「プロダクト愛を持つと『こうしたらいいんじゃないか?』とアイデアが出てきてQA活動が向上していく」株式会社PR TIMES 山田 和広氏|Qbook

更新情報 2022年04月27日

ソフトウェアの品質向上プラットフォーム『Qbook』の記事を更新しました。

さまざまな現場でQA業務に携わっている方々の「声」をお届けする『隣のQAに聞く!』。

現在多様なオンラインサービスがリリースされ、社会のデジタル化が急速に進んでいます。同時にサービスやソフトウエアの品質への関心も高まりを見せており、QA・品質向上の重要性は増すばかりです。そんな中、他のチームでは、どのようにQA業務を実施しているか、気になっているエンジニアの方も多いのではないでしょうか?

本記事では、QAに取り組む上で必要となることや「想い」などを伺い、皆さまにお伝えします。

今回は株式会社PR TIMESの山田 和広さんに同社のQA活動についてお話をいただきました。