1. 2021年
  2. 「クイックテスト設計」 新プラン登場のお知らせ

新着情報

News

「クイックテスト設計」 新プラン登場のお知らせ

プレスリリース 2021年03月02日

ソフトウェアのテスト・品質向上支援に関するサービスを提供するバルテス株式会社(本社:大阪市西区、東京都千代田区 代表取締役社長:田中 真史、以下当社)は、テストケースを最短即日で納品する「クイックテスト設計」の新プラン「クイックテスト for ワークフローシステム」の提供を2021年3月2日(火)より開始しました。

クイックテスト設計_バルテス

ローコード/ノーコード開発のテストをサポートする「クイックテスト設計」

クイックテスト設計は、すでにライブラリ化されたテストケース(※1)をご契約から最短即日でパッケージ購入できるサービスです。この度、「ワークフローシステム」のテストで利用可能なプランを追加しました。

リモートワークの増加がDX推進を加速させ、古くなったワークフローシステムの刷新に着手する企業が増える中、ノンエンジニア(エンジニアではない人)でもシステムを構築することが可能なローコード/ノーコード開発が注目されています。

ローコード/ノーコード開発は、開発期間の短縮や工数の削減ができるといったメリットがある一方、ツールで作っているから大丈夫だろう、と「テスト」が軽視されがちです。コーディングが原因のバグがなくても、仕様の考慮漏れや開発時の設定ミスなどで、本来見えてはいけない情報が誰にでも公開されてしまったり、重要な機能が実は動いていなかったりといったトラブルが発生する危険性があります。

しかし、通常のシステム開発では工数の約40%をテストに充てると言われるほどで、抜け漏れ無く、効率的にテストを計画するには専門的な知識が必要不可欠です。そこで、年間1,800件以上のテスト実績を持つ当社が、ワークフローシステムを内製開発した際、必ずテストしておきたい項目をまとめたテストケースを購入後すぐにご利用いただけるパッケージとしてまとめました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により需要が伸びた「ECサイト」「予約サイト」に向けたプランもご用意しています。

以下のような課題を抱えている企業や、テスト専門会社の効果検証をしたい企業におすすめのサービスです。

課題例

・ローコード/ノーコード開発における品質管理ができていない
・テストケースを毎回0から作り直している
・テスト設計に時間をかけることができない
・バージョンアップを繰り返し、テストケースが肥大化している

対応領域

・(既存プラン)ECサイト  :オンラインショップやECサイト
・(既存プラン)予約サイト :グルメ、ホテル、美容院などの予約サイト
・(新プラン)ワークフロー :申請・承認・決裁といった一連の業務の流れを自動化するシステム

「クイックテスト設計」のポイント

1.抜け漏れのない効率的なテストを実現

「本来満たさなければならない要件」を確認するテスト観点を標準化しており、それを元にした抜け漏れの無いテストケースを納品します。重複を防いでいるため、工数の最適化も同時に図ります。

2.テストの粒度に合わせたプランが選択可能

どこまでテストをするかによって、テスト観点数の異なる「ライト」「スタンダード」「エキスパート」の3プランから選ぶことができます。自社サービス独自の機能に対するテストケースが必要な場合は、オプションサービスの「カスタムテスト設計」をご利用いただけます。

3.納品されたテストケースは、何度でも利用可能

自社内の資産となるだけでなく、新たにテストケースを作る場合の参考資料としても活躍します。また、重要なテスト観点を抽出しているため、回帰テスト(※2)でもご利用いただけます。

・サービスページ:https://www.valtes.co.jp/software_test/quick-test-design.html

(※1)テストケース:入力値、実行事前条件、期待結果、そして、実行事後条件のセットで、特定のプログラムパスを用いることや特定の要件が満たされていることを検証することのような、特定の目的又はテスト条件のために開発されたもの。
(※2)回帰テスト:変更により、ソフトウェアの未変更部分に欠陥が新たに入り込んだり、発現したりしないことを確認するため、変更実施後、すでにテスト済みのプログラムに対して実行するテスト。