1. 2020年
  2. 『ソフトウェアテスト規格の教科書』販売開始!ソフトウェアテストの国際標準規格の解説書を全文翻訳

新着情報

News

『ソフトウェアテスト規格の教科書』販売開始!ソフトウェアテストの国際標準規格の解説書を全文翻訳

お知らせ 2020年05月29日

ソフトウェアのテスト・品質向上支援に関するサービスを提供するバルテス株式会社(本社:大阪市西区、東京都千代田区 代表取締役社長:田中 真史、以下当社)は、ソフトウェアテストの国際標準化規格『ISO/IEC/IEEE29119』を実務に適用するための解説書を、日本で初めて(※)翻訳しました。この解説書は、『ISO/IEC/IEEE29119』を策定したワーキンググループの議長・Stuart Reid博士が執筆したもので、当社が日本国内での翻訳とリリースに関する独占契約を締結したため、解説書の日本語訳出版が実現しました。
解説書の日本語訳は、2020年5月29(金)から大手ECサイトでの販売を開始します。(※)自社調べ

製品発売に必須のソフトウェアテスト。国際標準規格の全貌を、日本で初めて翻訳

当社では家電製品やスマートフォンのアプリなど、ソフトウェアの動作検証や不具合の検出を行う「ソフトウェアテスト」を、第三者の客観的な視点から専門的に実施しています。
ソフトウェアテストには様々な手法がありますが、世界で統一されたルールも存在し、海外で製品を展開するにはそのルールに則って「企画」、「開発」、「テスト」を行う必要があります。「ソフトウェアテスト」の世界標準のルールをまとめたものが『ISO/IEC/IEEE 29119』です。実際の製品に適用するための英文の解説書も出版されていますが、これまで国内にはこの解説書を日本語訳したものはありませんでした。そのため、国際標準規格に則った製品を企画・開発する際は、エンジニアが独自で規格や解説書の原文を読み込むための時間と手間が発生していました。

今回、日本のソフトウェアテストをグローバルスタンダードにしたいとの想いから、『ISO/IEC/IEEE29119』解説書の翻訳プロジェクトを開始。ソフトウェアテスト規格ISO/IEC/IEEE 29119シリーズを開発したSoftware Testing Working Groupの議長で解説書を執筆したStuart Reid博士と交渉を重ね、国内での翻訳とリリースの独占契約を締結することができ、当社より翻訳書の出版が実現しました。

本書では、『ISO/IEC/IEEE29119』の規格の概要や予備知識を分かりやすく解説しているほか、架空のプロジェクト「劇場予約システム」を事例として取り上げ、読者が実際のプロジェクトの中で規格をどのように適用するか検討しやすい構成となっています。
本書の出版により、エンジニアがソフトウェアテストの国際標準規格を意識した製品開発がしやすくなり、ビジネスチャンスも広がると考えています。翻訳書は大手ECサイトでも購入可能です。

翻訳書の詳細

書 名:『ISO/IEC/IEEE29119 ソフトウェアテスト規格の教科書』
著者:Stuart Reid
訳:高木陽平、江添智之 監修:石原一宏、堀明広
発行所:バルテス株式会社
ページ:202ページ
価格:3,000円(税別)
発売日:2020年5月29日(金) ※本書はAmazonにて購入可能です。
販売先URL:https://www.amazon.co.jp/dp/499113790X/

日本語訳の書籍出版に関する、著者 Reid博士のコメント

Software testing standards have been a large part of my professional life and I am really happy that this book allows me to share them with a much wider audience. I am confident that this comprehensive and concise guide to the software testing standards will provide new insights for software testers of all types of systems. Whether you are required to follow these standards or simply want a better understanding of how your testing compares with this international baseline, this book should provide a starting point for your journey to better testing.
I continue to be delighted by the commitment and enthusiasm of Japanese testers and I hope this book provides a clear picture of how to effectively apply the ISO software testing standards and expand their use in Japan and elsewhere.

Stuart Reid, May 2020.

ソフトウェアテスト規格は、私のキャリアの中で大きな割合を占めています。本書により、私の経験をより多くの読者に共有できることを、非常に嬉しく思っています。ソフトウェアテスト規格を分かりやすくまとめた本書が、どのシステムのテスターにも、新たな識見を提供してくれると自負しています。あなたが規格の順守を要求されているとしても、単純に国際的なベースラインとあなたのテストの比較をよりよく理解したいとしても、本書がより良いテストへの旅のスタート地点を提供してくれるはずです。
日本のテスターの熱意とコミットメントを、いつも喜ばしく思っています。本書が、ISOソフトウェアテスト規格を、どのように効果的に適用するか明確にし、日本やその他の場所で、活用の促進につながることを願っています。

2020年5月 Stuart Reid

Stuart Reid博士のプロフィール

「STAテスト・コンサルティング」のCTO(最高技術責任者)。
IT産業、開発、テスト、教育に35年以上の経験を持つ。受け持ち分野は幅広く、セーフティクリティカル、金融分野、メディアなどがある。また、世界的なテストコミュニティで数多くの役割を担っている。同氏は、ソフトウェアテスト規格ISO/IEC/IEEE 29119シリーズを開発したSoftware Testing Working Groupの議長であり、また、ソフトウェアテスト資格をグローバルに推進するために、International Software Tesing Qualifications Board(ISTQB)を設立した。テスト産業への貢献が評価され、ヨーロッパと韓国で、受賞経験を持つ。