品質教育ソフトウェア品質セミナー

ソフトウェアテスト実施と不具合報告のポイントを
習得できる
テストオペレーター基礎力
養成講座

  • テストオペレーター
  • テスト管理者
  • プロジェクトマネージャー
こういった方にオススメです!
  • ソフトウェアテスト実施に関わる方
  • テスト実施や不具合報告書の作成を指導する方

コース内容

概要 テストは用意周到に計画し、設計されるものです。
テスト設計の意図通りに正確に実施するには、テストオペレーターでも最低限押さえておきたいことがいくつかあります。
本コースでは、テストオペレーターに必須の素養を、体系的に短時間で提供します。
ソフトウェアテストの実施に必要な準備、実施、記録、報告といった内容から、不具合報告書の書き方まで、事例を交えながら講義・演習を行います。
対象 ソフトウェアテスト実施に関わる方や、テスト実施や不具合報告書の作成を指導する方にお勧めです。
受講時間 6時間×1日

※カスタマイズ可能(半日(3時間)程度での実施も可能)

受講料金 お問合せください
開催場所 全国へ講師を派遣し、開催いたします。
  • ※往復交通費(起点:東京メトロ 半蔵門駅もしくは大阪メトロ 本町駅)を別途申し受けいたします
  • ※開催場所によっては宿泊費が加算されます。

カリキュラム内容

科目 内容
第1章
ソフトウェアとは
  • 1 ソフトウェアとは
第2章
ソフトウェア開発とテスト
  • 2-1 ソフトウェア開発モデル
  • 2-2 ウォータフォールモデル
  • 2-3 V字モデル
  • 2-4 アジャイル開発モデル
  • 2-5 ソフトウェア開発とテスト
  • 2-6 なぜソフトウェアテストをするのか
  • 2-7 ソフトウェアの品質
第3章
テスト実施業務のポイント
  • 3-1 前提条件
  • 3-2 テストを始める前に
  • 3-3 テスト実施で行うこと
  • 3-4 テストケースの記載項目例
  • 3-5 テストケース実施のポイント
  • 3-6 不具合について
  • 3-7 不具合の報告
  • 3-8 エビデンスの注意点
  • 3-9 不具合報告の注意点
  • 3-10 不具合の修正確認
  • 3-11 修正確認のポイント
  • 3-12 進捗の報告
  • 3-13 進捗率の考え方
  • 3-14 進捗率の注意点
第4章
不具合報告書の考え方
  • 4-1 不具合報告の目的
  • 4-2 不具合報告書のライフサイクル
  • 4-3 不具合報告書の記載項目
  • 4-4 不具合報告書記載のポイント

受講者の知識レベルにより
コースカリキュラム
カスタマイズ
できます

セミナーに関するご質問やお問い合わせ、お申し込みはこちら

お問い合わせフォーム
  • 06-6534-6561
  • 03-5210-2080
受付時間
10:00~18:00
営業日
月曜日~金曜日※土日祝日を除く

品質教育

見積りご依頼フォーム

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

資料をダウンロード