「改元検証サービス」のご紹介。平成終了に伴う短期間のシステム改修。改修内容の精査はできていますか? 「改元検証サービス」のご紹介。平成終了に伴う短期間のシステム改修。改修内容の精査はできていますか?

「改元検証サービス」のご紹介。平成終了に伴う短期間のシステム改修。改修内容の精査はできていますか? 短期間の対応でも、年間1,200件のテスト実績を誇るバルテスなら安心です。

お問い合わせ

2019年4月1日?新元号を発表、2019年5月1日?新元号に変更

ソフトウェアテスト専門会社による安心の改元検証対応

改元に伴うシステム修正に「検証」サービスを

平成29年6月9日、天皇の退位等に関する皇室典範特例法が成立したことから、
平成31年5月1日から、元号が「平成」から新元号に変更することが決定しました。 政府は、新元号の公表を改元日の1ヶ月前の平成31年4月1日としています。

実質、1ヶ月でのシステム対応が必要な状況となっており、
各企業においては自社システムの対応は待ったなしの状況となります。 バルテスでは、過去の様々なテスト実績に基づき、
「改元検証サービス」の提供を開始しました。

豊富な実績、幅広い業界対応、検証業界を牽引、改元対応!、品質管理のプロ
お問い合わせ

高負荷待ったなしの改元対応におけるシステム改修

  • 新元号の公表:新元号が発表されます。
  • 新元号の施行:新元号の運用が始まります。
  • 影響調査:改元に関するチェックリストにて、影響範囲の診断を行います。
  • システム修正:新元号に対応するシステム改修。(パッケージソフトや自社システム)
  • テスト実施:新元号対応が正しく動作するかを利用者視点からテストを行います。
改元検証のスケジュール
改元検証のスケジュール

テスト専門会社の知見・チェックリストで安心!

1ヶ月という短期間で改元対応を行うには、事前の準備が重要です。
バルテスでは、過去のテスト実績より抽出した「改元対応チェックリスト」により、
抜け漏れのない対応内容の抽出を行い、検証プランの立案およびテスト実施を行います。

影響範囲(和暦使用箇所) 変更範囲
変更箇所(一例)火災保険契約申込書
お問い合わせ