VALTES RECRUIT

小林 嶺

MESSAGE 社員メッセージ

ソフトウェアテスト部 副部長
期待に応えるのではなく、
期待を超えるプロフェッショナルでありたい。

REI KOBAYASHI

小林 嶺
2011年新卒採用

01
バルテスへの入社動機は?

望んだのはゼロからの挑戦。

大学時代は馬の世話をしたり、バスケットに励む毎日を過ごしていました。当時はワードやエクセルも全く使えず、そもそもITというのは自分が最も苦手とする分野。ただ、「不得意なものにこそ挑戦したい」という性格も手伝って、いつしか「学生から社会人になる大きなターニングポイント。それなら自分が一番未知な分野、苦手な世界に飛び込むほうが人生は面白いのでは?」と思うようになったんです。
就活は大手から中小まで幅広く行いましたが、その中で特に輝いて見えたのが「テスト専門」という聞きなれない事業に挑戦しているバルテス。説明会で手渡された「ゼロから始めるソフトウェアテスト」という本を読んだことがきっかけで、この世界に強く惹かれるようになりました。全く未経験の私を温かく迎え入れてくれたバルテス。ここで新しい人生をスタートしようと入社を決意しました。

02
いまの仕事内容と魅力や
厳しさは?

想像を超えた仕事が、信頼を生む。

今はお客様先にデスクを持ち、外部パートナーの1人として働いています。有名企業のECサイトや商品管理システムの品質評価が主な仕事ですが、その魅力はそんな有名企業であるお客様と二人三脚で品質作りを行っていくこと。ときに「このままではユーザーが望むものが出来ません。開発をストップしてください」と一歩踏み込んだ提案も行うことやお客様から「よく指摘してくれた。ここまでやってもらえるとは思っていなかった。」と喜んでいただけることもしばしば。こういう信頼の積み重ねがやりがいになっています。
ただその信頼を得るためにも自分に対し常に厳しく、強い気持ちでいることを考えています。正直バルテスが請け負っている仕事の範疇ではないのですが、私は常にエンドユーザーのもとに足を運び、生の声を拾ってから評価設計をするようにしています。そうでなければ「ユーザーが何を求めているか」という本質的な品質が抜け落ちてしまうからです。そのため、お客様には「このままではマズイです」と実直に報告することもあります。その報告はお客様からすると想定外のもので、お客様とぶつかることも無きにしも非ずです。ただ、その姿勢を崩してしまうと最終的にはお客様が不利益をこうむってしまう。
だから強い気持ちを持つ必要があるのです。それを持ち続けることが厳しさですね。

03
今後どのようなキャリアアップを
考えていますか?

お客様の期待を超えるクオリティエンジニアの道を邁進する。

先ほども言いましたが、当社の仕事はお客様と二人三脚で品質を作っていきます。そのなかでは何よりもお客様との信頼関係が大事になってきます。その信頼を勝ち取るために、「ユーザーが何を求めているか」という視点を忘れず、愚直にクオリティエンジニアの道を邁進していきたいと思っています。それを積み重ねることで、お客様の期待に応えるのではなく、その期待を超えるプロフェッショナルでありたい。と考えています。

04
1日の流れ

  1. 9:00
    お客様先出社、複数案件担当しているため、それぞれの担当者との朝礼。
  2. 10:30
    お客様内でのスケジュール/アサイン調整、メンバーへのタスク割振り、ドキュメントレビュー。
  3. 12:00
    ランチ
  4. 13:30
    評価プロセス改善活動の提案。(コンサルティング)
  5. 14:30
    メンバーへの各案件フォロー/レクチャー。
  6. 16:00
    お客様先MTGに参加。
  7. 17:00
    プロジェクトの進捗確認、メンバーの工数確認、翌日のスケジュール作成。
  8. 18:00
    退社

MESSAGE

戦略を練り、選考の準備をし、次に挑むことに楽しみを見い出せれば自分が満足いく就職活動になります。

私が就職活動を行った2010年は就職氷河期のタイミングでした。その時期、自分が一番心がけていたことは『就活を楽しむ』ことです。
誰しも初めて行うことは怖いし、不安で色々悩むことがあると思います。ただ、そこで落ち込むのではなく、戦略を練り、選考の準備をし、次に挑むことに楽しみを見い出せると、自身の満足のいく就職活動になるはずです。
就職活動は1歩1歩階段を上がるようなものです。個人面接、グループ面接、筆記試験(SPI等)、グループワークなどなど、選考を多く経験すればするだけ自分の中でこうすれば、次の階段に上がれるなど分かっていくはずです(PDCAを回すイメージです)。上手くいったときは本当に嬉しいものです。落ちてもきちんと次に活かす財産がそこにはあります。またこの就職活動時期だからこそ多くの企業を知るチャンスでもあります。最後まで、悔いのない楽しいと思える出会い溢れる就職活動を応援しております。

成長市場だから、活躍ステージがある