VALTES RECRUIT

GROWUP FRESHERS TALK

まだまだ聞き慣れない「ソフトウェアテスト」という業種ですが、若手社員の皆さんはなぜバルテスと出会って、どこに魅力を感じたのでしょうか?
入社2年目の東さん、入社3年目の三成さん、廣田さんというバルテスの将来を担う若手社員に、バルテスで働くことはもちろん、「ソフトウェアテスト」という業界全体について語ります。
  • 東 拓海
    東 拓海
    TAKUMI AZUMA
    クオリティエンジニア
    2018年 新卒入社

    大阪工業大学 情報科学部情報ネットワーク学科卒。App/ECサイトなどをメインにテストするウェブシステム部に所属。

  • 三成 礼子
    三成 礼子
    REIKO MINARI
    クオリティエンジニア
    2017年 新卒入社

    青山学院大学 文学部史学科卒。App/ECサイトなどをメインにテストするウェブシステム部に所属。

  • 廣田 大騎
    廣田 大騎
    DAIKI HIROTA
    クオリティエンジニア
    2017年 新卒入社

    同志社大学 文学部英文学科卒。App/ECサイトなどをメインにテストするウェブシステム部に所属。

「0から1を作るという事ではなく、あるものをより良くするために品質をあげる」と聞き、これだと!

バルテスへの入社動機はなんだったのでしょうか?

廣田
就活時は、実は別の業界を見ていたのですが、苦戦していました。そんな中、バルテスを見て単純に面白そうなことをやっているなと思って選考を受けました。
バルテスの説明を聞いていて、「ソフトウェアって世の中にこんなにも多く、幅広くあるんだ」と思ったことや、子会社に開発会社もあって、開発の事も学べそうかなと思い入社を決めました。
また、中途採用で未経験の方でもスタートして活躍しているという話も聞き、新卒でも中途でも新入社員教育がしっかりしておりますので、安心できるかなと思いましたことも入社の決め手でした。
東
正直言うと、「品質」っていまいちわからなかったんですね。学生の時に開発技術は学ぶけど、品質がいいか悪いかなんて考えたことがなく、学ぶこともありませんでした。でも分からないからこそ興味を持ったんです。
品質って人によって違って、正解もないし、誰もわからないんだろうな、と思って。
よくわからないものを追求するのは、エンジニアとして楽しいのではないかと思ってバルテスに入社を決めました。
三成
私は就活時、伸びているIT業界、インフラと絞ったのは良いのですが、「SEになる」というイメージがどうしても持てませんでした。そんなもやもやを抱えていた時にクオリティエンジニアという職種、そしてバルテスと出会いました。「0から1を作るという事ではなく、あるものをより良くするために品質をあげる、それがお客様から求められている」ことを聞き、これだと思い、他のテスト・品質業界も見てみました。その中でもバルテスはテストをやっている領域が幅広く興味を持ち、最終的に入社を決めました。
リリース前のシステムに触れられる。
 時代の最先端にいると感じられる。
 1年目だろうが自らが思ったことを反映させられる

クオリティエンジニアの魅力は?

廣田
リリース前の最先端の技術に関わることが多いので、時代の最先端にいると感じます。
現在はHR系システムのテストを担当しているのですが、これまではウォーターフォール型の開発におけるシステムのテストを受け持つことが多かった一方で、
今の案件はアジャイル型での開発で、テストを行っています。
2週間のサイクルで機能を作ってテストしていくアジャイル開発の王道のような現在の現場に、
どうやってテストをあてはめていくのかという事を考えることからスタートし、ようやく落ち着いてきました。
アジャイル開発は今後よりシステム開発の主流になっていきますので、その中で仕事をしていると、時代の最先端を感じています。
現場では、開発担当の方と寄り添ってテストをしていくので、コミュニケーションをとりつつ、認識を合わせながら行わないといけない。
もともとQAの組織がある中で、そのプロとしてバルテスが入っているので、求められるものが高く、持てる知識をフル回転させています。
東
僕もアジャイルのような現場でテストの実施を行っていますが、圧倒的に開発時のドキュメントが少ない。単体テストもエビデンスしかない状況で現在テストを行っています。
ドキュメントが少ない中でも、対象のシステムがどういった目的を実現するために作られていて、どう動けば正しいのか、はたまた違うのかを考えながら、確認しながらテストを行う中で、スピードも求められている。
ただ、ドキュメントが少ない分、自分が思ったことをテストに反映させることができる。新卒として入社しまだ1年ですが、その達成感をすごく感じます。
三成
私はシンプルにバグ、不具合を見つけるのは楽しいと感じていますし、リリース前のシステムに触れることが出来るのでわくわくしています。
廣田
確かに、バグだらけの案件に入って、バグたくさん出して、きれいになっていくと部屋をきれいにした感じで爽快感があるよね!
三成
また、お客様先に行って、お客様や様々な会社の人と仕事が出来て、実際に困っている所をお伺いした中で、自分で考えてテストを行っていて、そういうお困りごとに対し、自ら提案できることもすごく楽しいなと思っています。
一方で大変さももちろんあります。今の現場は、お客様のQAチームや同業もいる中で一緒にテストを行っていますが、ルールが定まっていないので、自分たちのやり方で行って良いのか、
この場面では一歩引いたほうが良いのか、そのさじ加減を判断するのが難しいと思っています。
スペシャリストとして、セミナー講師へと、
 プロジェクトマネージャーになっていきたい!

今後どのようなキャリアアップを考えていますか?

三成
今考えているキャリアプランは、スペシャリストとしてテストの技術を高めていきつつも、チームをどう回せばうまくいくかという事を考えながらマネージャーとしても活躍していきたいと思っています。
廣田
将来的にセミナー講師になりたいと思っています。実は教員免許も持っていて。人に教えるのが好きで、
テスト、品質の技術を教えていきたいと思っていて、技術を広めることによりテスト、品質のことをより広げていきたいと思っているんです。
大学で教育について学んでいたので、今の仕事と結びつける道に進められればなと考えています。
東
私はプロジェクトマネージャーに今後なっていきたいと考えています。
クオリティエンジニアって、まだまだ開発側からしたら下に見ているところもあると思っています。その見られ方を変えたいって思っていて。
自らのテストの技術を高めていきながら、テストエンジニアの価値とIT業界での立ち位置を高めていきたいんです。
テストは1人で行うことはないので、考え方の異なる人たちをどうまとめ、同じゴールに向かっていくかを極めたいと思っています。
メンバー1人1人が力を発揮できる環境を提供できるプロジェクトリーダーにまずはなり、その後プロジェクトマネージャーへと成長していきたいと思っています。
ITと密接し、ますます広がるテスト業界。
 システム開発とはまた違った角度で
 システムに携われる面白さをぜひ味わってほしい。

学生へのメッセージ

三成
ITは今後ますます広がる業界なのでいいと思います。そしてテスト業界もITと密接した関係にあるので、広がっていくんだと思っています。
IT=システム開発のイメージが強いかもしれないですが、バルテスの場合、違う角度でシステム開発を見ること、携わることができるので、この点が一番面白いです。
この面白さをぜひ味わってほしいですね。
廣田
成長業界でもあるし、品質保証の観点から注目される世の中になってきていると感じます。
第三者テスト・検証を行う会社への需要が増える一方で、参入障壁が高い業界でもありますので、バルテスに対する風向きは良いと思います。
様々な業界で自動化やAIが増えてくる中で、職種によっては機械が人の代わりに仕事をやるという事が叫ばれていますが、テストに関しては最終的には人がやらないといけない部分が多くあり、そういったものに代わるというのは現実的に考えづらいです。
AIのテストも人がやらないとならないですし。
その業界内で、バルテスは分からないことでも、先輩社員が教えてくれるので、安心してぜひ飛び込んでほしいです。
豊富な実績があるので、仕事に悩んでも何かしらの答えはあるし、ベンチャー企業でもあるので、自分がやりたいことをやりたいと言えばできる環境がある。
声をあげれば答えてくれる会社だと感じています。
東
テスト業界に向いている人は、ユーザーの気持ちが分かる人、機械をたくさん使っている人、好奇心旺盛な人だと思います。こういった人はいろんな観点を考えられるところにつながってくると思うので。
ぜひこういった人はバルテスにチャレンジしてもらいたいなと思います。
成長市場だから、活躍ステージがある