VALTES RECRUIT

GROWUP FRESHERS TALK

まだまだ聞き慣れない「ソフトウェアテスト」という業種ですが、若手社員の皆さんはなぜバルテスと出会って、どこに魅力を感じたのでしょうか?
新卒入社でバルテスを選んだ入社2年目の岡崎さん、入社3年目の辻さん、入社4年目の南部さんというバルテスの将来を担う若手社員が、バルテスで働くことはもちろん、「ソフトウェアテスト」という業界全体について語ります。
  • 南部 義尚
    南部 義尚
    YOSHIHISA NANBU
    クオリティエンジニア
    2018年 新卒入社

    近畿大学 理工学部 理学科卒。企業の情報システムや業務管理システムなどをメインにテストするエンタープライズ品質サービス事業部に所属

  • 辻 杏樹
    辻 杏樹
    ANJYU TSUJI
    クオリティエンジニア
    2019年新卒入社

    筑波大学 理工学群・物理学類卒。App/ECサイトなどをメインにテストするWebシステムサービス品質事業部に所属。

  • 岡崎 桃子
    岡崎 桃子
    MOMOKO OKAZAKI
    クオリティエンジニア
    2020年新卒入社

    明治学院大学 経済学部・経済学科卒。App/ECサイトなどをメインにテストするWebシステム品質サービス事業部に所属。

IT未経験の私が、ソフトウェア品質のプロを目指したい!そう思えたのは、基礎からしっかり学べて技術を習得できる、バルテスの研修があったから。
自分が検証して、無事製品がリリースされた時のあの達成感は格別です!

バルテスへの入社動機を教えてください。

辻
もともとIT業界には興味があったのですが、「黙々と机に向かう仕事なんだろうなあ」という漠然としたイメージがありました。正直、“ソフトウェアテスト”という仕事があることはバルテスに出会うまで知らなかったんです。
岡崎
私もそうです。“ソフトウェアテスト”という言葉自体、初めて聞きました。

私は、将来を考えた時に、今後IT社会においてAI等が発達していき、消費者との繋がりが増えていくだろう…と考えたときに、将来を見据えて手に職をつけたいという思いがありました。バルテスの選考の中で業務に近いグループワークを体験して、単純に「ソフトウェアテストって面白いな」と思ったことを覚えています。
南部
僕の場合、就職活動を始めた当初は全く違う業界を見ていて。バルテスを知ったきっかけは就活のスカウトサイトでした。そこで初めて、“ソフトウェア開発工程におけるテスト”という仕事が存在することを知って、興味を持ちました。

調べていく中で、テレビや炊飯器など、自身も毎日利用するような生活に根ざした多くの製品に、テストという形で関わることができる点に魅力を感じて、他では体験できないようなことがバルテスでは体験できる!と思い、入社を決めました。
岡崎
私の場合は、南部さんや辻さんとはバックグラウンドが異なり、文系出身なので、プログラミングには今まで触れたことがありませんでした。そんな私がバルテスに入社したいと思ったのは、バルテスの入社時研修がとても充実していたからです。特に、未経験でも知識をつけて、ソフトウェアテストに携われるということが魅力的でした。
「0からのモノ作りよりも、今あるモノをさらに良くしていくことが得意かも!」と思い、手に職をつけて今後も長く仕事を続けていけそうな、バルテスに入社をしたいと思いました。
辻
私も岡崎さんと同じで、数あるソフトウェアテストの会社の中でバルテスに入社を決めたのは、IT業界未経験者に向けた研修が充実していて、入社後2ヵ月間もトレーニングできると聞いたからです!一人前のクオリティエンジニアになるために、基礎からしっかりと学べて、OJTを通して成長できる、この環境がとても魅力的で、バルテスで成長していきたいと思いました。
他では体験できないようなことが体験できる!
 手に職をつけて今後も長く仕事を続けていけそう
 基礎からしっかりと学べて、OJTを通して成長できる

クオリティエンジニアには、どんな魅力がありますか?

南部
世の中に出る前の製品に触れることができることが一番魅力的に感じます。新しい製品に常に触れ続けることで、様々な知識を身に着けることもでき、とても楽しく思っています!身の回りの製品で「新しくこんな製品が出るんだ!」と毎度感じて、感動しています。やはり組み込み系システム(※1)のテストは楽しいですね!エンドユーザーの使用方法や製品利用時の環境を考える際に、他の製品と比較してもイメージしやすいですし。
辻
南部さんの言うように、クオリティエンジニアとして初めて仕事をした時に、私も感動しました!第三者テスト・検証会社ならではの魅力でもありますよね。南部さんの話にもあったような、家電製品から今私が携わっているようなスマートフォンアプリの検証など、本当に様々な製品に触れる機会があることが魅力ですね。
岡崎
私の場合は、自身で発見した不具合を報告し、お客様が改善することで、システムが次第に良くなっていくことを目の前で体感できることにかなりやりがいを感じ、達成感を感じています!

お客様とも、一つのチームとして一体感を持ってプロジェクトに向き合い、リリース後には一緒に喜びを感じられることも、クオリティエンジニアならではの魅力だと思います!
本当に様々な製品に触れる機会があること
 リリース後には一緒に喜びを感じられること

今後どのようなキャリアアップを考えていますか?

辻
今携わっている案件はテスト設計、実行がメインですが、今後は開発側の要件定義から関わり、システムもプロジェクト自体も、全体の品質を上げられるようなエンジニアを目指しています。開発側の立場にも寄り添える、品質のプロになっていきたいですね!

そのためにも、エンドユーザー目線のテストケースを設計できているか、ユーザビリティを大切にしたテストをできているか、という点を逐一振り返るようにしています!
南部
辻さんその視点はテスト会社ならではですね!

僕は、現在のチーム内で役職を目指してキャリアアップしていくということもそうですが、ゆくゆくはバルテスという組織・会社全体に貢献していけるような人材になりたいと思っています。会社の業績を上げて、もっともっと会社を大きくしていきたいと思うなかで、会社の成長には“ヒト、組織”が重要になってくると思うんです。なので、会社を根源から支えられるポジション、仕事をしていきたいと思っています。良い会社には、良いヒトがいる。その良いヒトを支えていけるようなキャリアを考えています。
岡崎
私は今後PL(※2)の立場で案件に携わりたいと思っています!
このように思ったきっかけは、今のプロジェクトのメンバーが優秀な人が多く、刺激的な日々を過ごせているからなんです。
プロジェクトメンバーは、設計技術が高かったり、周囲のことがよく見えていたり、テストが早かったり・・というような、尊敬する人たちばかりです。

先輩たちの姿を見て、いずれ私も先輩たちのように視野を広げて考えることができ、今よりもテスト技術を磨いて、周囲から認められるPLになりたいと思っています。

バルテスには挑戦できる環境が整っています。なので、目標に向かって目の前の業務をコツコツと頑張りたいと思います!

バルテスにはどんな人が向いていると思いますか?

南部
僕が思うにずばり、“コミュニケーションが好きな人”ですかね。実は僕、話すことが大好きで、コミュニケーションとるのが好きなのですが、実はかなりの人見知りなんです(笑)ただ、バルテスの社員ってすごく話しやすい人が多いんですよね。誰とでも仲良くなれるような方が多くて。

IT業界はPCに向かって黙々と仕事をするような印象があり、もちろんバルテスのクオリティエンジニアも例外ではありません。一方で想像以上に、プロジェクトメンバーとのコミュニケーションも多く、会話を通じて様々な発見ができますし、クリエーションにも繋がります。
チームでの団結力なんかも全てコミュニケーションから始まることだと思うので、欠かせない要素だと思います。
辻
私は、“どんなことにも興味が持てる人”だと思います。
ソフトウェアテスト、と一言で言っても、多くのテスト手法があります。そのなかで、お客様の製品やシステムにはどのテストが良いのだろう、どのように品質改善をサポートできるだろう、というようにコンサルティング目線も必要になりますが、このような際に、色んなところに目線を向けられることは大切ですね。
岡崎
やはり、“忍耐強さ”も重要な要素の一つだと思います。周囲からアドバイスをもらった時に、「そうなんだ・・・わかりました」で終わるのではなく、「どうしてだろう?」「調べてみよう」と、自ら積極的に学ぼうと行動できる人は、バルテスでも活躍している印象があります!
南部
製品のテストをするにあたって、それは重要な点ですよね!クオリティエンジニアの場合、製品をより良くするために、沢山考えて、沢山調べて・・と、一つの不具合を発見するために、幅広い視野で考えることが必須になります。自ら学ぼう、成長しようと、と思うのは重要な要素だと思います!
興味を持ったことには恐れずに突き進んでいくこと。
 研修が充実している
 バルテスをチャレンジしていただきたいです!

就活生、頑張る学生に向けて、メッセージをください!

南部
IT業界というと、PCが得意で学生時代からプログラミングを経験していて・・・と想像する方が多いかもしれません。でも、バルテスには、学生時代はPCに触れる機会が少なかった、という人も意外といます。
実際に僕も学生時代はPCが得意ではありませんでした。入社後の研修でExcelの改行の仕方を講師に聞いたことは今では良い思い出です(笑)でも、このような質問にも優しく丁寧に教えていただいて、嬉しかったことを覚えています。

講義内容だけではなく、講師の質という点でも、バルテスの研修は非常に高いレベルだと思っています。こんな僕でもここまで育ててくださったことは、本当に感謝しています!

なので、学生の皆さんも先入観に捉われず、色んな業界を見て知って、自分が興味を持ったことには恐れずに突き進んでいくことをおすすめします!そうすれば自ずと、満足のいく就活ができるのではないでしょうか!
岡崎
南部さんが言うように、バルテスの研修が充実していることは、私も魅力に感じますね!特に、入社後の2ヵ月間の研修で、テストの基礎から業務さながらの演習まで経験できたことで、研修終了後、案件に初めて配属された時に「何をしていいのか分からない・・」というような状況が殆どありませんでした。未経験の状態で、基礎からしっかり学べることは改めて凄いことだと思います。 学生の皆さんには、自分は文系だから・・とか、理系だから・・というようなバックグラウンドに捉われず、自分のやりたいことを見つけて、後悔のない就活をしていただくのが良いと思います!
辻
私も岡崎さんと同じで、研修終了後の最初の案件では、緊張していましたが、業務的な面でどうしていいかわからないという状態にはならなかったです。やはり、バルテスの研修でしっかりと学べたことが大きいですね。自然と業務に取り掛かれました。

ソフトウェアテスト業界はニッチな業界で、学生の皆さんの中には初めて知る方も多いと思いますが、専門性が高く、DXが推進されている現代のIT社会にはなくてはならない業界、業種だと思います。なので、何か専門的な技術を習得したいと考えている方や、この業界に少しでも興味のある方は、是非バルテスをチャレンジしていただきたいです!
(※1)組み込み系システム:
家電製品や機器などの独立した機械の中に組み込まれたコンピューターを制御するためのシステム
(※2)PL:
プロジェクトリーダー。一般的に、システムの構築・導入プロジェクトにおいて、プロジェクトチームを管理・統括する業務を指す。
成長市場だから、活躍ステージがある