品質向上のテクニック

  1. Qbook+
  2. 品質向上のテクニック
  3. テスト管理ツールを導入するメリットとは?テストの進捗管理を効率化しよう

テスト管理ツールを導入するメリットとは?テストの進捗管理を効率化しよう

テスト管理ツールを導入するメリットとは?テストの進捗管理を効率化しよう

システム開発と同様、テスト工程においても進捗管理は必要です。しかし、開発現場ではExcelなどを利用して手作業で進捗管理を行っている場合も少なくありません。その場合、全体的な進捗状況を把握しにくかったり、Excelシートの誤操作・メンテナンス負担などよって工数を取られてしまったりするデメリットがあります。
今回は、テストの進捗管理で必要な要素や、管理ツールを導入するメリットについて解説します。

テストの進捗管理で必要な要素

テストの進捗管理とは

ソフトウェアテストの場合、進捗管理とはテストの実行状況を把握することに加え、テストケース数や不具合の発生状況、不具合修正と再テストの実施状況までを包括的に管理することを指します。

さらに、このようなテストケースのプロセス管理はもちろん、テストケースのバージョンを管理したり、標準化されたテストケースを蓄積し再利用を促したりする仕組みがあると、より品質の高い進捗管理を行うことができるでしょう。

効率的に進捗管理を行うポイント

上記のような「テストプロセス」「テストケース」「テストの標準化・再利用」といった管理する内容に加え、テスト全体の管理方法も大切なポイントになります。

例えば、ソフトウェアテストの工程においてテストの規模が大きくなるにつれ、テスターの人員が増え、チーム体制で分担する必要もあるでしょう。多くの人員がテスト工程に関わる場合、テストの実施状況や進捗の度合いを把握することが重要です。
そのためには、視覚的な情報共有・情報管理を行うことが効率化のポイントになります。

ファイルで進捗管理をするデメリット

8607-00044-2

Excelなどのファイルで進捗管理を行っている現場は、まだまだ多いといえます。
しかし、Excelはあくまでも表計算ソフトのため、ソフトウェアテストの進捗管理として使用する際、いくつかデメリットもあります。

情報の更新が煩雑になる

テストケースを作成し共有する場合、Excelを使用しても特に大きな問題はないかもしれません。しかし、複数人で管理し、状況に応じて計画した内容を改善・修正していく過程においては管理が煩雑になってしまいます。

ソフトウェアテストにおいて、計画の変更は頻繁に発生します。不具合を修正した後の再テストや、開発内容に応じた必要テストの追加、大規模テストケースの担当の割り振りなど、随時テスト計画を更新しながら、テストの実行方法も改善する必要があります。

このような状況下でテストの進捗管理に手間がかかってしまうと、テスト工程で抜け・漏れが起きる危険性があるだけでなく、進捗管理の担当者にも負荷がかかってしまいます。

誤操作の可能性がある

テストケースやテスト計画を複数人で共有した上で、Excel上の情報更新が頻繁に発生する場合は、操作を誤るリスクがあります。

例えば、Excel上で入力制御が柔軟に行えず、マスタデータなどの重要な情報が書き換えられてしまい、それに気づかないまま他のデータ更新がなされることもあるでしょう。

また、Excelのファイルのバージョン管理の難易度は高めといえます。この場合、管理ルールを決め(SVNなどのツールで管理も可能ですが)、管理ルールをテストに関わるメンバー全員が熟知した上で操作する必要性があります。ゆえにヒューマンエラーが起きやすく、メンバーの数が多ければ多いほど、エラーが起きたときの原因追求にも時間がかかってしまいます。

テスト管理ツールを導入するメリット

8607-00044-3

冒頭で、ソフトウェアテストの進捗管理において、視覚的な情報共有・情報管理を行うことが効率化のポイントになることをご説明しました。テストの進捗管理専用のツールを導入することで、ファイルで進捗管理を行うデメリットの解消が期待できます。

管理するファイルが大幅に減る

ファイルを使って、テスト工程に関わる全ての項目を一括管理することは、難しいものです。例えば、テストケースだけではなく不具合の報告や修正状況・再テストの結果までを管理しようとすると、シート数が膨大になってしまう可能性もあります。

テスト管理ツールを利用すれば、ツール上に必要な情報を登録すれば済むため、ファイル管理の必要がなくなります。度重なるテストケースの変更やテスト計画の変更などに対して柔軟に対応することが可能になり、ファイルのバージョン管理や複数ファイルにまたがる修正作業が大幅に減るでしょう。

テスト工程に必要な情報の包括的な管理が可能

バグの管理を、Redmineなどの不具合・インシデント管理システムで行っている場合もあるでしょう。Excelなどのファイルで進捗管理をしている場合、記載された情報を転記する必要が生じます。
テスト管理ツールの中には、不具合・インシデント管理システムと連携しているものもあるため、包括的な管理を行うことが可能になります。

テスト管理ツール2種をご紹介

管理専用に最適化されたテスト管理ツールを利用すると、テストの進捗管理が効率化されるだけでなく、結果的にテストの品質向上にもつながります。
こちらでは「TestRail」と「TestLink」の2種類の管理ツールについて、特徴をご紹介します。

TestRail

TestRailとは、ブラウザ上で利用できる有償のテスト管理ツールです。主に実行結果確認の工程を管理・効率化させるために必要な機能を兼ね揃えています。
テストの実行に際して、例を挙げると下記のような管理が可能です。

  • テストケースに優先度を振ることができる
  • テストケースの実行にかかる見積もり時間を入力できる
  • テストケースの実行にかかった時間を計測できる
  • テストケースごとにエビデンスファイルを添付できる
  • テストケースの検索・ソートができる
  • 利用者ごとにユーザー権限設定ができる
  • タスク・プロジェクト管理システムであるJIRAと連携できる

上記に加えて連携できるAPIも公開されているので、利用用途に応じてカスタマイズできます。

TestLink

TestLinkとは、Webアプリケーションのテスト管理ツールです。オープンソースなので、誰でも気軽に利用でき、利用者に合ったカスタマイズも可能です。非常に幅広い範囲のテスト工程を管理することが可能なため、導入実績もあり、利用ユーザーが多いツールだといえます。

TestLinkで可能なのは、主に「テストケースの管理」「テストの進捗状況の管理」「テストに関わる組織の管理」です。機能が幅広く、テストケースのインポート/エクスポートにも対応するなど外部連携も充実しているため、テスト工程の包括的な管理が可能になるツールです。

さらに、Redmineなどの不具合・インシデント管理システムとの連携も可能なので、テスト工程で発生したバグの情報を、実行しているテストケースとの関連づけをしながら蓄積していくことも可能です。

おわりに

今回の記事では、テストの進捗管理を効率化することのメリットと、効率化に欠かせないテスト管理ツールについて解説しました。テストの進捗管理において重要なのは、必要なテスト項目をチームの規模やニーズに応じて適切な管理方法で管理できることです。
つまり、「テストプロセス」「テストケース」「テストの標準化・再利用」のうち、必要な情報を必要な関係者に対して視覚的に情報提供できる方法が理想的といえます。

「テストの品質をもうワンランクあげたい」「煩雑なテスト工程を効率化したい」といった要望をお持ちでしたら、ぜひこの機会にテスト管理ツールの導入を検討してみてください。

資料ダウンロード

  • 状態遷移テストの基本の「き」

    テスト技法「状態遷移テスト」について解説しているミニ冊子です。技法の概要から使い方とポイントについて、初心者にもわかりやすく解説しております。

  • デシジョンテーブルの基本の「き」

    テスト技法「デシジョンテーブル」について解説しているミニ冊子です。技法の概要から使い方とポイントについて、初心者にもわかりやすく解説しております。

  • 境界値分析・同値クラス分割の基本の「き」

    テスト技法「境界値分析」と「同値クラス分割」について解説しているミニ冊子です。技法の概要から使い方とポイントなど、初心者にもわかりやすく解説しております。

Qbook+編集部
ライター:
Qbook+編集部

バルテス株式会社 Qbook+編集部。 ソフトウェアテストや品質向上に関する記事を執筆しています。

関連記事