1. IR情報
  2. 経営情報
  3. 株主・投資家の皆さまへ

経営情報

Management
代表取締役社長 田中 真史

2020年3月期は、上場準備から東証マザーズ上場を達成し、成長を加速することのできた一年であったと考えております。当社の上場がソフトウェアテスト業界自体の認知度アップにもつながり、特に人材採用面でエンジニアの採用が順調に進むなど、その効果を実感しております。

当社の成長戦略上、優秀な人材の獲得と教育は重要テーマであると考え、これまで独自の品質教育カリキュラムの開発、テストプロセスの標準化に取り組んでまいりました。これにより新卒や未経験者も即戦力として早期に活躍することができております。その他社にない強みを活かし、エンジニアのレベルが属人的にならないよう、体系的に技術レベルを向上させ続けることが成長には必要と考えております。

また、昨今エンタープライズ領域のソフトウェアテストのニーズが高く、同領域の売上高が急成長しております。エンタープライズ領域に関しては、高単価、案件規模の大きさ、プロジェクトの長期化といった特徴から、期初より重点領域と掲げており、長年蓄積したテストノウハウを活かしつつ、経験豊富なハイレイヤーの採用を進めておりました。

その結果もあり、2020年3月期は大幅に成長できたと自負しております。

私は、当社が創立20年を迎える2024年3月期に売上高100億円を達成するというイメージを持っております。トップラインの成長を維持しつつ利益も伸ばしていく施策をより実行していく所存です。

そこで、2021年3月期は更なる成長、変革を遂げるため、「バルテスチャレンジ」としていくつかの新サービスを展開してまいります。

すでに発表しているサービスは下記の7つです。

  • テレワーク開発を支援する『在宅テストサービス』
  • エンタープライズ領域拡大のための『エンタープライズ品質向上サービス』
  • 『ソフトウェア品質セミナー』のオンライン提供
  • 組織改善の最短経路を"わずか1ヵ月"で分析&提案する『クイックサーベイ』
  • 手動テストと比較し、テスト工程の約60%のコスト削減効果が期待されるテスト自動化新サービス『T-DASH』
  • 品質向上のプラットフォーム「Qbook」全面リニューアル
  • 「ISO/IEC/IEEE 29119 ソフトウェアテスト規格の教科書」の発売

デジタルトランスフォーメーション(DX)等のテーマを追い風に、株主の皆様に夢と感動を与えることができるような成長を実現してまいります。今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

バルテス株式会社
代表取締役社長
田中 真史

IR TOP