1. ソフトウェア品質セミナーについて
  2. 自動化編

品質教育

ソフトウェア品質セミナー Software quality seminar

Webアプリ開発現場の“プログラム~結合テストフェーズ”に自動化を導入!自動化編(ソフトウェア品質セミナー)

  • 開発設計書
  • プロジェクトマネージャー
こういった方にオススメです!
自動化を導入したいけど、どこから始めていいかわからない方
プログラムフェーズでのデグレードによる手戻りを効率的に減らしたい方

コース内容

概要 本セミナーでは、Webアプリの開発プロセスにおいて「Jenkins」「JUnit」「Selenium」を導入する際の考え方とその実践手法を学んでいただきます。
ツールの使い方だけではなく、自動化が向くところ、向かないところの選定、自動化を効率的に導入するための改善など、マネジメント層から実務者層まで、「使える自動化」を身につけていただくことを目的としています。
対象 ・Webアプリ開発エンジニア
・Webアプリ開発プロジェクトに自動化導入を考えているマネージャー
受講時間 6時間×2日
受講料金 150,000円(税抜)/ 人
開催場所 全国へ講師を派遣し、開催いたします。
  • ※往復交通費(起点:JR新大阪駅を別途申し受けいたします)
  • ※開催場所によっては宿泊費が加算されます。

カリキュラム内容

科目 内容
開発プロセスの全体像 ECサイトの開発プロセスに自動化ツールを導入する際の、戦略的な考え方を説明します。また、CIツールを用いて開発を効率化するメリットを考察します。
  • ・V字モデルについて
  • ・ウォーターフォールモデルの問題点
  • ・V字モデルとアジャイル開発
  • ・上流工程と下流工程における手戻りコスト
  • ・「大きな戦略」の中の「小さな戦術」
  • ・CIとは
  • ・CIのメリット
  • ・CIツールを用いて開発を効率化する
自動化のための戦略 自動化を導入する際に、どこから自動化に着手すべきか、その考え方を解説します。
「自動化に向くところ」「自動化に向かないところ」を分析します。
  • ・テスト戦略の重要性
  • ・何を自動化するか
  • ・自動化に向くもの
  • ・自動化に向かないもの
Selenium・JUnit・Jenkinsを活用した自動化 Webブラウザ自動操作ツールのSelenium、Javaの単体テスト ツールJUnit、継続的インテグレーション(CI)ツールのJenkins など、単体テスト、結合テストで使用できる数々のツールの取り扱い方を実際に手を動かしながら学んでいただきます。
  • ・Seleniumの使い方
  • ・Webdriver+Java+JUnitを利用した実行
  • ・Jenkinsを利用した定期実行など他ツールとの連携
自動化環境を用いたテストケースの実践演習 3部までに学んだ内容を元に、当社で開発したECサイト構築事例の中でどのように自動化に取り組んでいったか、テスト設計やテストスクリプト作成、実行を実際に行っていただきながら紹介します。
  • ・テスト計画
  • ・テスト設計
  • ・テストケース作成
  • ・テストスイートの準備
  • ・テストサマリレポートの分析

受講者の知識レベルにより
コースカリキュラムカスタマイズできます

受講者様の声

  • どのテストが自動化に向くか、向かないかが理解できた。(Webアプリ 開発担当者様)

  • プロジェクト内の自動化戦略に大いに役立てられる。すぐにプロジェクトメンバーに共有したいと思う。(業務系 開発担当者様)

セミナー受講事例を見る

セミナーに関するご質問やお問い合わせ、お申し込みはこちら

お問合わせはこちら

問い合わせ

関東地区 03-5460-9630

関西・東海地区 06-6267-6500

受付時間
10:00〜18:00
営業日
月曜日〜金曜日※土日祝日を除く

その他のソフトウェア品質セミナーコース